シラグラの副作用は個人差による

カプセル

シラグラはバイアグラのジェネリック医薬品の1つです。
バイアグラと同じ、シルデナフィルクエン酸塩を主成分としています。
インド第2位の大手製薬メーカーが製造しているのがシラグラです。
精力剤とは違い効果・効能が認められている治療薬ですので、EDに対して優れた働きを発揮します。
勃起力を高めたいという方は、シラグラを服用してみてはいかがでしょう。

ただ、医薬品には副作用がつきものです。
シラグラを服用してどのような副作用が起こるのか気になる方も、多いのではないでしょうか。
このED治療薬で起こりやすい副作用としては、顔のほてり、紅潮、目の充血、頭痛です。
これらの副作用は服用した男性の、約9割の方に起こると言われているほど、とても現れやすい症状です。
この他にめまいや動悸、鼻づまり、不整脈に筋肉痛や関節痛もシラグラの副作用として報告されています。

このような副作用は有効成分のシルデナフィルクエン酸が持つ、血管拡張作用によって起こります。
血管が広がると血液の流れが一気に良くなるので、顔がカーッと熱くなるといったほてりや、紅潮といった症状が現れやすくなるようです。
目の充血も血管拡張作用によるものです。

頭痛は頭の血管が広がる事によって起こりやすくなります。
シラグラを服用した多くの方に現れやすい副作用ではありますが、特に頭痛が起こってしまうと性行為も上手く行えなくなるでしょう。
シラグラを飲むと頭が痛くなるという場合、痛み止めを一緒に摂取する事をおすすめします。

シラグラは痛み止めと併用しても問題ないと言われているED治療薬です。
摂取してから約30分程度で効き目が現れ始め、1時間後にはピークに達します。
効き目が現れる時間を考慮して、痛み止めを服用すればシラグラが効き始めた時に起こりやすい頭痛を緩和する事が可能です。
副作用が起こるリスクを少しでも抑えたい場合は、ピルカッターで2分の1、4分の1にカットして少量ずつから試してみましょう。

多くは軽度だが、個人差があるので注意

シラグラは医薬品で勃起効果のある精力剤バイアグラのジェネリック薬品です。
副作用があり、顔のほてりや紅潮、目の充血、皮膚の発疹などのアレルギー症状などが人によっては起こります。
その他にも頭痛や低血圧により目まい、動悸、鼻づまり、消化不良、視聴異常、興奮、不眠、下痢などが起こる場合もあります。
シラグラの有効成分による血管拡張作用よって引き起こされるもので、使用すると必ず起こるような弱い副作用です。
そして服用後しばらくは車の運転を控えた方がよいでしょう。

シラグラはの副作用は多くの場合軽度で、個人差があるので注意が必要です。
頭痛がひどい場合は市販の鎮痛剤を飲んでも構いませんが、症状がひどいような場合は他のED治療薬に変更したほうがよいでしょう。
また脳梗塞や脳出血、心筋梗塞を6ヶ月以内に起こした人や高血圧の方、低血圧の方、重篤の肝臓障害がある方はシラグラの服用は避けた方がよいでしょう。

またシラグラは効果が早いと言っても30分~1時間ぐらいはかかるはずです。
食事と一緒に服用すると薬の効果が弱まる可能性があります。
薬の効きめが弱まるので、なるべく空腹時に服用をするようにしましょう。
そして脂っぽい食事やアルコールとともに摂取すると、成分の吸収が阻害されてしまい十分な効果を得られない場合もあります。

持続力は5~8時間です。
一日一錠を限度として服用の間隔は24時間以上開けてください。
薬を腸で吸収するため暴飲暴食後の服用では効果がなく、強い副作用が表れる可能性があります。
シラグラは短時間で効果が現れ、5~6時間後には効果が収まり毎日効果が継続すると言う効き方はしません。
今晩だけ頑張りたい方におすすめです。
副作用が酷いような場合は自己判断はやめてお医者さんに相談しましょう。

勃起不全に悩んでいる方にオススメするのがカマグラと呼ばれるED治療薬です。ED治療薬の副作用の発生が抑えられているのがカマグラの特徴の一つなので、副作用が気になって手が出せない人にはオススメです。ED治療薬には様々な種類がありますが、効き目は人それぞれ違ってくるので、このサイトで紹介する情報と照らし合わせて自分に合うED治療薬を見つけましょう。